2019年1月28日月曜日

競技ダンス実践テクニック「連続したスピン(ピボット)の重要性」



オランダで11月8日に行われた November. Assen European Championships 2018 Grand Finalのもようです。

アンドレア・ギジャレリ/サラ・アンドラッキオ組を始めとしてWDCのの名だたるトッププロによる共演ですが、動画の冒頭でギャジャレリ組がみごとなスピンで接触を回避してフロアクラフトを展開して行くのが見て取れます。

ギャジャレリ組の卓越した技術も含めて、競技ダンスの醍醐味のひとつはやはり「連続したスピン(ピボット)」「コンティニュアス・スピン」のダイナミズムであるということが理解できると思いますが、まあ、これは技術の問題でもありますので、3回転程度のスピンさえままならない低レベルなゴミくずダンサーにはなんのことやら理解不能かもしれません。

それはともかく、昨今決勝戦のソロデモで行われる流行の細かいステップや表現に惑わされて、ともすれば競技ダンスにおける最重要課題の移動と動体ということを忘れる傾向もあります。

ソロデモを余儀なくされるトップアマやトッププロならともかく、A級選決勝に縁のない我々超高齢無能力能無しダンサーには、細かいステップは採点にほぼ無関係であるということを理解しなくてはなりません。

準決勝までは12組~14組という多人数の混乱した中での採点となりますので、とにかくすべての場面あるいはルーティンにおいて大きく移動する、あるいはダイナミックな動体ということが審査員の目を引き付ける要素であるのは当たり前です。

その大きな移動とダイナミックな動体を同時に備えた代表のフィガー
が、「連続したスピン(ピボット)」です。

ただ、問題は技術の差が最も大きく出るフィガーであるともいえるので、ダンスにおける能力・才能と合わせて、正しい指導に基づいた多くの練習が必須となります。

わがダンスファイナルの看板選手BB組は、他の上級選手に比較して、とびぬけた少ないダンス経験と練習時間、さらには爆笑を誘う稚拙な技術で有名です。

しかし、そのBB組のだたひとつの得意フィガーが「連続したスピン(ピボット)」であるということが、今回の第33回町田市DS競技大会GSA級戦において本選A級選手を凌駕して決勝まであと1ポイントと迫った成績の原動力のひとつとなったわけです。

この結果で、BB組の本年中のA級昇級の可能性が大きく膨らんだわけですので、重大なケガによる障害を克服した研究心と忍耐力でスピン(ピボット)のレベルを上げて、前期にA級リーチを目指してください。

熟練度により大きく左右される競技ダンスの審査では、昇級が見えた段階でフィガーを変えることは自殺行為ですので、ダンス上達の基本理念の「同じことを何度も繰り返す」ということを念頭において、流行に惑わされずにA級昇級を見据えていただきたい。

いずれにしても、水は低きに流れるという格言通り、情報源を間違えるとわけのわからない方向に徒党を組んでなだれ込むことになりますので、冷静に判断して方向性を見極めることも、老い先短いダンス人生の目的到達の重要な要素となります。

しかるに、類は友を呼ぶあるいはハエはゴミ箱に集まるということも真理でありますので、私の日本語が理解できない向きには言うだけ無駄であるともいえます。

何事もDNAという名の神仏のお導きですので、なるべくしてなり、ならないべくしてならないわけです。

あめーんなむなむ。

てなことで、関係各位の本年のご健闘をお祈りしてご挨拶といたします。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

2017年12月11日月曜日

競技ダンス実践テクニック「演じるということ」



さて、11月に行われた協議会で、ダンスファイナルの練習にB級になって参加したO・N組が圧倒的なスピードでJDSF・DSCJのA級に昇級しました。

私の無駄話から競技ダンスの本質を理解し吸収するリーダーの能力もさることながら、パートナーの足腰の柔らかさにサポートされた自在で地を這うようなストライドから醸しだされるダイナミズム溢れるムーブメントに加え、剛直で崩れないポスチャーとホールド・アームの保持は、他のC級以下の我がダンスファイナルのゴミクズダンサーの皆さんには学ぶことが非常に多い教材となります。

良いものが目の前にあるわけですから、それを吸収するにはばかることはないわけですが、これがどういうわけか、ポスチャーもホールドもストライドも、誰一人として真似しません。

真似しないというよりは、どなたも会社人間としての長期にわたる左脳の酷使により機能しなくなった右脳と高齢による軽度認知症の進行により視空間認識能力が退化して理解できないという方が正確であると思いますが、それでも、皆さんの意識や行動を決定する大脳辺縁系の機能の80%は視覚からの情報により醸成されるわけですから、まず「良いもの」を見ることが重要であるということを理解しましょう。

下手なものを見れはどんどん下手になるのは自明の理であるということは、チンパンジーレベルの皆さんでもお分かりになると思うのですが、これがなかなかそうでもなくて、水は低いところに流れるの例えどおり、ゴミクズはゴミ箱の中の汚い踊りを好むというのが現状です。

悪口雑言はともかく、O・N組の今後の目標は、当然、三笠宮杯とWDSFグランドスラム東京オープンへの出場・入賞ということになりますので、その資格獲得のためにグランプリ戦への出場と、速やかにWDSF選手登録を済ませることをお勧めします。

また、A級を目前にして不慮の事故で生死の境をさ迷っていたB・B組が復帰し、また、大手術が成功したT・T組も以前よりもパワーアップして復帰の兆しを見せ、ダンスファイナルの頭上に立ち込める暗雲の切れ間から一条の閃光が垣間見える昨今、デイサービス介護ダンスという新ジャンルの団体としてさらなる飛躍をお約束して、本年の締めくくりのご挨拶といたしたいと存じます。

ちゃんちゃん。

いらんだろ。

ということで、冒頭の動画は2017年11月11~12日にポーランドのワルシャワでおこなれた、WDSF - Polish Cup Varsavia 2017 のAdult Standard の決勝戦の模様です。

Sodeika, Lacitis, Abel, Nikitin, Fainsil, Linis.といった、世界のトップ選手が踊っているわけですが、男性も女性同様にポスチャーの範囲内で頭部が後ろに反り、最初のタンゴのホールドでも女性の右手がまっすぐに伸び、男性の右手のひらが女性の肩甲骨の付近に位置しているのが見てとれます。

従来の男性の右手のひらが女性の背骨付近に置かれ、女性の左手が曲がり、全体にホールドが小さく狭まった、いわゆる「タンゴホールド」とは格段に違うことがわかると思います。

フォルムの美しさと限界のボリュームを追及すると、他のスイングダンスと同様のアームの形成とフォルムになるわけです。

とりもなおさず、そのフォルムが採点に結び付き、そのフォルムの選手が上位入賞者となるわけですので、どの選手もその方向性に修正して、現在のWDSFアマチュアの競技ダンスにおけるホールドの方向性となったわけです。

まあ、それを完璧にコピーしても、審査員によっては従来の旧態依然とした緩んで下がったホールドを良しとする場合もあるので無意味な場合もありますが、それでも、最先端のテクニックを学び、その方向性を踏襲することが、大多数のまともな審査員のニーズに応じる最良の方法であるわけです。

競技ダンスは「競技」ですので、それを判定する審査員・審判員のニーズに応じることが第一であるのは当たり前ですので、「うまい踊り」だの「いい踊り」だの「やわらかい踊り」だのと、間抜けなざれ言に惑わされず、ハードでボリュームのあるホールドとハードでダイナミックなムーブメントを念頭に今後の練習の方向性としていただきたい。

さて、毎度レッスンでループしているネタはこれぐらいにして、今回のテーマの「演じるということ」を解説します。

競技会で踊るということは、その「役を演じる」ということであるということを理解しなければなりません。

つまり、「ダンサー」を演じるわけです。

この動画の冒頭のタンゴでは、選手が立ち居振る舞いから、ホールドの組み方、踊り方を含めて、「タンゴダンサー」を演じているわけです。

動作はもちろん、顔の向き、表情までがタンゴダンサーになり切って演じ切ろうとしているのがわかると思います。

競技ダンスは、スポーツであるということの反面、芸術としての「演技」であるということの二面性を持ちます。

そのことはフィギュアスケートの採点基準が端的に表していますが、技術点とともに「演技構成点」が加味されます。

フィガーや踊り方が「演技」であるということも理解できない皆さんにどう説明していいのか迷いますが、踊りだす前の、立ち方や歩き方を含めた立ち居振る舞いすべてが採点の対象となります。

採点基準では「踊りだしてから」となっていますが、審査員は「決勝に残りそうな選手」にチェックを入れるわけですので、フロアに入った時から印象に残った選手に注目するのは当然です。

踊りのスキル(訓練を通じて身に 付けた能力)はもちろんのこと、フロアに入ってから立ち位置まで歩いていくときの姿勢や歩き方、ホールドを組む時の美しさと熟練度、さらには立ち居振る舞いから醸し出す雰囲気までが採点に結び付く要素となります。

役者が芝居の舞台に立ったのと同じことであるわけです。

フロアに入ってからの一挙手一投足を審査員に凝視されていることを認識しなければなりません。

言い方を変えると、たとえば競技会で「デモダンス」を踊ると考えましょう。

会場の観客全員に自分たちだけが凝視されるデモダンスでは、フロアに入るときからホールドを組む時を含めて、一挙手一投足がすべてフィガーの一部として組み込まれます。

そのすべてを「見られる」からです。

踊るということは「日常」ではなく、観客に見られている「演技」であるということを理解しなくてはなりません。

「演技」であるからには、自分を「演出」しなくてはなりません。

たとえばデモダンスで、大勢の観客が凝視するフロアを日常のマヌケな動作で歩いたら、爆笑とはならなくても失笑を買うのは理解できると思います。

競技会であなたのマヌケな歩き方を見て「失笑」するのはもちろん審査員です。

逆に、洗練された姿勢で、優雅にさっそうと歩いて、熟練度を伴った美しい動作でホールドを組めば、審査員の好印象となり、踊る前から加点を得ることになります。

その動作を学ぶのに、現在ではユーチューブを始めとして、超一流の演技を学ぶための研究材料にことかきません。

どうせ死ぬまでの暇つぶしの皆さんですから、持て余した暇な時間にあれこれ見て、その演技を覚え、何度も繰り返し練習して、美しい所作・動作を自分のものにして下さい。

審査員は「決勝に残りそうな選手」にチェックを入れるわけですから、所作・動作の美しい選手はその対象となるのは当たり前です。

逆にあなたのようにマヌケな動作の選手はその対象からはずれます。

しかし、自分が凝視されているということを意識に置くと、今度は精神的に「上がる」という困難に直面します。

「上がる」というのは自分の能力を超えて何かをしようとすると、脳がパニックを起こして脳機能が停止し、いわゆる「アタマが真っ白になる」というような状態を引き起こします。

つまり、向上心が緊張を呼び、動けなくなるわけですが、逆に「上がらない」人はスキルの向上が望めないということになりますので、「上がる」ことは悪いことではありません。

どんな大物の役者も舞台初日には大変な緊張をするそうですので、それを克服するために大変な稽古・練習をするわけです。

観衆としての審査員に凝視される中で、十分な精神的余裕を持って「ダンサーを演じる」ためには、フロアに入ってからの姿勢と歩き方と立ち方とホールドを組む動作も含めた「ダンサー」の演技の練習を繰り返し行い、体が勝手に動くまで熟練することが必要となります。

これはもちろん、ずば抜けた技量のあるダンサーにはどうでもいいことですが、A級のO・N組を除いたゴミクズレベルの皆さんの最低の技量を補う重要な演技構成の一環となるわけですので、よ~くこれを読んでご理解の上、寿命と競争の日々の練習の糧としていただきたい。

まあ、こんなとこかな。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。

2017年7月20日木曜日

競技ダンス実践テクニック「タンゴの理想的な踊り方」



今年の5月に行われたBlackpool Dance Festival 2017のチャンピオンであるVICTOR FUNG and ANASTASIA組によるタンゴのデモンストレーションです。

インターナショナルダンスにおけるタンゴの理想的な踊り方を学んでください。

もっとも、これは私の理想であって、何が理想的なのかは個々のレベルや感性によっても様々ですので、異論のある方にはなんとも申し上げようもございませんが、ダンスファイナルにおいてはこの動画のVICTOR FUNG選手の踊りを理想として、そのままそっくりに真似することをカリキュラムとして強制して、どの選手の潜在能力も限界まで引き出してしまった現在、これ以上の昇級が「無理」となった昨今の絶望的な状況の打開に一条の光を期待したいと思います。

現在タンゴのレッスンで指導していることも、十数年前にわたしが競技ダンスを始めた当初に、プロデビュー間もないVICTOR FUNG 選手のタンゴを真似し、パクったことが主体となっていますので、今回のBlackpool Dance Festival 2017において、同選手がついにチャンピオンになったことについては非常に感慨深いものがあります。

それはともかく、VICTOR FUNG 選手の強靭な体幹と剛直なホールドから生み出されるブレのない上半身の安定したムーブメントと、強靭な脚力から生み出される安定したステップワークと大きなストライドを何度も見て、インターナショナルダンスにおけるタンゴの理想的な踊り方はどのようにあるべきかを学んでいただきたい。

これは競技ダンスという特殊な状況ということだけではなく、ボールルームダンスを「芸術」として捉えたときの「美」でもあるわけです。

いつもレッスンで解説しているように、現在の競技ダンスでは、肩から肘までのアーム部分もボディとしてとらえて、枠としてのホールドはできるうる限り固定させることがいかに重要であるかを理解してください。

もちろん、人体はフレキシブルにできていますし、男女が組んで踊るスタンダード種目においては、まったく動かないわけにはいきませんが、ブレや無駄な動きを無くし、いわゆる「消防士の放水」という状態にならないためには、「肩から肘までを固定させる」という「概念」あるいは「決心」が必要です。

また、男女間の中心である「コア(男女の右あばら下のコンタクトポイント)」を認識し、またコアの延長線上の軸を中心とした回転軸を認識して、遠心力をコントロールすることが重要です。

そのためには従来の「男性が垂直で女性が反る」という概念を改めなければなりません。

これまでにも何度も解説していますが、安定して回転し、安定して動くためには、男女ともに同じシェイプでヘッドウエイトがコアの軸から同じ位置にあるのが当然であるということを再度認識してください。

まあ、いずれにしても、文章で表現するのは無理がありますので、レッスンのときに実演を交えて解説しますが、超初心者ぞろいのために体が硬く、また高齢のために軟骨がほとんどない状態のわがダンスファイナルの会員にはほとんど無理というシェイプもありますので、そこはそれ、「それなり」にそれに近い方向性をつかむということであるということです。

とにもかくにも、私がいつもレッスンで口を極めてののしってることのすべてが、この動画の踊りにありますので、何度も見て、正しいタンゴのイメージを脳にプログラミングしてください。

人間の行動は、何事も「脳」さらには「細胞」が勝手にやっておりますので、軽度認知症全盛の我々でも大脳のミラーニューロン(見たものを経験として認識する神経組織)はいやおうなく「それなり」に機能していることを期待しましょう。

意思や思考により身体をコントローしようと思っても、なかなか思い通りにならないのは日々のレッスンで皆さんがご経験の通りですが、逆に言えば、正しいものを見ることにより、ミラーニューロンを活用して脳神経も含めた細胞自体にダイレクトにそれを覚えこませてしまえば、身体が勝手にそのような方向性の動きになります。

それを利用したカリキュラムがスポーツにおける「イメージトレーニング」です。

動画で世界のトップ選手の踊りを見るということは、とりもなおさずその「イメージとレーニング」の最たる効果があるといえます。

ご近所の体育館やサークルで展開されるドイヒーなダンスを脳にプログラミングすることなく、世界のトップ選手の踊りをパクり、真似しましょう。

WDSFあるいはJDSFの審査基準では「オリジナリティ」という評価もありますので、他の選手のフィガーや表現をパクるあるいは真似をするというのは非常によろしくないことであるわけですが、我々のようなゴミクズカス脳なしダンサーはパクりでも物まねでもなんでもOKです。

似ても似つかないものにはなりますが、どうやってもそっくりにはなりません。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。