2014年5月23日金曜日

競技ダンス実践テクニック「ベーシックフィガー・スローフォックストロット」


Basic Figures Slow Foxtrot(1)


Basic Figures Slow Foxtrot(2)


Basic Figures Slow Foxtrot(3)


Basic Figures Slow Foxtrot(4)


Basic Figures Slow Foxtrot(5)

スローフォックストロットについては、上級者でも競技におけるアマルガメーションのほとんどがベーシックフィガーで組まれていますので、それを正しく理解することが重要です。

その中でも代表的なフィガーがフェザーステップ、リバースターン、フェザーフィニッシュ、スリーステップという組み合わせですが、これはワルツのナチュラルターンと同様に、初心者から上級者までアマルガメーションの冒頭に踊られ、相対評価の対象となりやすく、採点に大きく関係しますので、多くの練習時間及び練習回数が必要です。

また、ウィーブ、ウェーブ、バウンスファーラウェイ・ウィズ・ウィーブエンディング、スリーファーラウェイなどが、代表的なスローフォックストロットの動きを表現するフィガーとなりますので、多くの選手がこれらを組み込んで競技のアマルガメーションを構成しています。

ただし、バウンスファーラウェイ・ウィズ・ウィーブエンディングについては、後ろ向きに速度のあるステップで長距離を動き、他選手と接触する可能性が多いので、超初心者勢揃いのダンスファイナルのアマルガメーションには組み込んでおりません。

ダンスファイナルにおけるアマルガメーションは、無能力者の皆さんができる可能性のある最低限のフィガーの中で、採点に最も効果のあるフィガーを組み合わせておりますが、それでも、ギブアップする選手もいて、どうにもならないのが現状です。

スローフォックストロットのカウントの取り方はSlow、Quick、Quickが基本ですが、ボールルームダンス発祥の国でもあり、その中心となるイギリスではそのように踊られておりません。

それで、そのカウントの取り方を表現するのに、第一Quickを伸ばすとか、Slow&Slowであるとか、1,2,3,4であるとか、コーチによってさまざまに解説されますが、JDSFのC級程度を目標とする場合には基本通りのSlow、Quick、Quickで取るのが無難であると思います。

しかし、自分はどうみてもダンスの才能があるので、何が何でもB級A級を目指したいという選手には、イギリス式のカウントの取り方を詳しく指導いたしますが、それが即、審査員の評価につながるかどうかは保証の限りではありません。

その理由については、多方面に差し障りが多々ありますので、詳細には申し上げられませんので、練習会で直接解説いたします。

ワルツはフォールによる上を支点とする振り子運動であるペンデュラム・スイングがその大きな要素ですが、スローフォックストロットにおいてはライズによる下の支点を中心とする逆振り子運動であるメトロノーム・スイングが大きな要素になります。

これをスローフォックストロットでは「フライト」と表現します。

その代表的なムーブメントがフェザーステップのフェザーフィニッシュにおけるフライトです。

その状態については、言葉で説明するのは困難ですが、Slowでロアして、次の第一Quickから第二Quickまでのフライトであり、イギリス式では1,2でダウン、3,4でフライトです。

このフライトもなかなか理解できないと思いますが、いろいろなトッププロあるいはトップアマの世界選手権等のビデオや動画を見て、正しいスローフォックストロットの踊り方のイメージを蓄積してください。

また、多くの選手がスローフォックストロットで勘違いしているのは「ロア」と「フォール」を混同していることです。

フォールは深く膝を曲げてスイング動作を起こすことですが、スローフォックストロットにおいては、それはありません。

スローフォックストロットでフォールを多用すると、いわゆる「悪いワルツ」になってしまいますので、トッププロあるいはトップアマの踊りを見て、スローフォックストロットの正しいスイングをイメージに捉えてください。

もちろん膝はフレシキブルに使われなければなりませんが、スローフォックストロットにおけるスイングは基本的にライズとロアによって表現されます。

そのためには、基本的なステップを正確に理解し行われなければなりませんので、今回取り上げたスローフォックストロットのベーシックフィガーのステップをひとつひとつ確認して覚えてください。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。