2012年2月23日木曜日

2011大阪インターナショナルダンス選手権第2予選スローフォックストロット



(財)日本ボールルームダンス連盟(JBDF)西部総局主催の2011大阪インターナショナルダンス選手権プロフェッショナル・スタンダード, 第2予選、スローフォックストロットの模様です。

2011年6月全英選手権(ブラックプール)第5位のNO.60 Domen Krapez、Monica Nigro組(スロベニア)を始めとして、NO.63 露口宗与志・田村綾子組、NO.58 田松周一郎・花盛香織組、NO.55 小杉具也・小杉伸江組、NO.48 豊嶋慶一・中里絵梨子組、NO.54 菅井 学・尚和 由里子、NO.51 尾崎和史・加治屋真貴組、NO.47 仲秋 彰耀・仲秋 潤組、NO.65 角田泰章・角田佑歌組、NO.61 前田雅仁・宮崎 梢組など東部総局を含めたJBDFを代表するプロ達が出場しています。

このビデオも前々回のタンゴ、前回のワルツと同様に決勝ではなく2次予選を取り上げているのは、12組~14組で踊る場合のフロアクラフトを学ぶためです。

まあ、このプロたちのフロアクラフトの技術は、超初心者ぞろいのダンスファイナル会員の皆さんと比較するのは無理があるかもしれませんが、大混雑の状態で踊るときの接触回避の根本的な方法は同じです。

その根本的な接触回避の方法は予(あらかじ)め相手の動きを予測して、自分の動きとの接点を予測して、事前に歩幅を調整する、あるいは方向を変えるということです。

ぶつかる直前になって行動を起こすのではなく、その数秒前にこれから起こるであろう事態を予測して、それに対処する行動を起こさなくてはなりません。

この「競技会における予測」という能力は実際に競技会に出場して経験を積む以外には習得する方法がありません。

競技会は同じランキングの者が同じ方向に、同ような速度で、同じようなフィガー・アマルガメーションで踊り出しますので、自分のアマルがメーションで他の者と接触する場所はだいたい決まってきますので、その経験の積み重なりで、相手の動きと自分の動きの接点を予測できるようになります。

この、競技会独特の状況を何度も経験して、その経験から対処方法を記憶に蓄積します。

そのためには、競技会を練習の場として認識して、時間が許す限り何度も競技会に出場する必要があります。

しかし、その経験を十分に積んだボールルームダンス技術の最高レベルといってもいいプロ選手達にも、接触を回避できないことが多々起こるのが競技会です。

このビデオでも、大混雑の中で皆さんと同じように、フェザーステップから始まって、スリーステップに入るときにさらに距離が縮まって、身動き取れないような状態になるのがわかるわけですが、プロたちはそこでフィガーを変えるということはせずに、歩幅・方向を調整して距離を保ちルーティン通りに踊り切る努力をしています。

その大混雑状態で53番の選手が止まってしまうわけですが、その後、みごとに音に乗ってスリーステップを継続しています。

わたしが皆さんに、「ぶつかるのは当たり前、その後が大事」と言ってるのはこのことです。

ぶつかった後の対処の仕方次第で採点に結びつくことが多々ありますし、逆に焦ってホールドが緩んだり音をはずして動き出せば審査員には無視されます。

ですから、ぶつかった場合も頭の中には音楽が継続して流れていなくてはなりません。

どんなことが起きても、音を取り続けなければならないのがダンスの生命線ということでもあります。

さて今回は、このビデオのように、スローフォックストロットを12組以上の大混雑の状態で踊った場合の状況を観て、目立つフィガーは何かという問題を考えましょう。

ここで、目立つのは、もちろんピクチャー・フィガー(ライン・フィガー)ではありませんし、特殊なバリエーション・フィガー(アドバンスド・フィガー)でもありません。

スリーステップ、ウィーブ、ウェーブ、フェザーフィニッシュと言った、スロー・フォックストロットの代表的なベーシック・フィガーがやたらと目立ちますし、どのプロもそれを中心にルーティンを組んで踊っています。

現在のボールルームダンス競技会の採点方法は、特殊な場合を除き、多数で踊り、それを相対評価で、より優れたものにチェックを入れるという方法ですので、当然、同一のフィガーを比較した方が採点しやすいわけです。

そうなると、他者が行なっておらず極端にいえば何をやっても自由なバリエーション・フィガーよりは、見慣れていて誰もが行うベーシック・フィガーを比較して採点するということになりますので、よりベーッシク・フィガーを重点的に練習することが大変重要になります。

もちろん、JDSFのC級以下の超初心者ともいえる話にならないレベルのダンスファイナル会員の皆さんは、このベーシック・フィガーを中心に練習をくり返して、正確で熟練度のあるものにすることが採点に繋がり、昇級の近道となります。

それには、スロー・フォックストロットの要素が全て入っているフェザーステップ、リバースターン、フェザーフィニッシュ、スリーステップの基本フィガーを何万回も練習しなくてはなりません。

その「何万回」の練習が嫌なら、競技ダンスはお止めになることをお勧めします。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。