2011年7月8日金曜日

Blackpool 2010 Ballroom Dancing Pro Final - Slowfox



2010年に英国のBlackpoolで行われた競技ダンス頂点の英国選手権におけるプロファイナルのSlowfoxtrotです。

世界のトッププロのSlowfoxtrotにおける音の取り方に注目してください。

Slow、Quick、Quickとは取っていません。

1,2,がダウンで3,4がアップということを基本にステップされていることを理解してください。

そして、4でポイントされ、4から1でロアして体重が乗るということをよくイメージに捉えてください。

これが、英国式のSlowfoxtrot独特の音の取り方です。

フィガーのつなぎ方に寄っては4で体重が乗る場合も多々ありますが、この基本の音の取り方を理解するとSlowfoxtrotの踊り方が理解できます。

特にウェーヴアクションでは、たとえば元世界チャンピオンのMirko Gozzoliの4から1におけるロアと体重を乗せるタイミングを何度も見て、イメージに焼き付けてください。

しかし、この音の取り方を審査員の総てが理解できているわけではありませんので、このことを理解出来ないレベルの低い審査員には勝手な解釈ととられたりして、競技会によってはそれがまったく成績につながらない場合もあります。

それでもこの世界の頂点のプロの音の取り方が絶対的に正しいわけですから、迷うことなくSlowfoxtrotがSlowfoxtrotである所以(ゆえん)の音の取り方とムーブメントをイメージに強く焼き付けて、SlowのカウントでWaltzのようにFallしたりする、いわゆる「悪いWaltz」ではない、「SlowfoxtrotらしいSlowfoxtrot」を踊りましょう。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。