2011年6月17日金曜日

Luca & Loraine's Slow Foxtrot Demo



往年のスダンダード世界チャンピオンであるルッカ・バリッキのスロー・フォクストロットのデモンストレーションです。

この踊りで注目すべきは、ルッカの提唱するダンスにおける「バランス」です。

どんな状態でも「オンバランス」であるということです。

これはスローモーションではないのです。

このぐらい極端にゆっくりとした動きで大きなスウェイをかけても、ポスチャーはどの場面でも完全なオンバランスに立っています。

この「立つ」ということがダンスでは総てに先行して重要視されなければなりません。

ダンスの場合は「オンバランス」に「立つ」ということです。

これはつま先立ちしてどんなシェイプでもスウェイでもバランスがとれるような立ち方であるということです。

これはどんな状態のときでも、背骨の首の付け根を中心として3番骨あたりまでの首の付け根周囲の「アッパースパイン」が足の接地点に乗っているということです。

また、足は常に一本のライン上をステップする感覚がなければなりません。

そのためには腿と腿を常にすり合わせる感覚が必要になります。

足と足の間隔が開くと、つまり、「がぎまた」で踊るような感覚ですと体重が左右に揺れてバランスが取れなくなります。

しかし、これは力を入れて脚部を内股にすることではありません。

当然、男女とも相手の足の間にステップしなければならないわけですから、実際には多少開いているわけです。

また、ルッカのこのデモンストレーションはダンスにおける身体の動きを世界一のテクニックと身体能力を持つルッカが極限まで行ったものでありますので、これを体力も能力も技術もないない我々が競技ダンスにそのまま取り入れると、身体が捻じ曲がって、とてもバランスが取れなくなりますので、そのことは理解しなくてはいけません。

<当サイトの記事について>
当サイトの記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。