2011年6月17日金曜日

競技ダンス実践テクニック「マーカスヒルトンのベーシック(ワルツ)Hilton basic waltz」



マーカス・ヒルトンのワルツのベーッシックルーティンです。

ヒッチや無駄なスウェイなどの無駄な動きがないことを学んでください。

ワルツのダンスとしての特徴は、ライズ(かかとを挙げ膝と身体を上に引き上げる)&フォール(かかとを着地し、さらに膝を曲げ、身体を下げる)とスウェイ(傾き)です。

より高くライズし、より低くフォールして、より遠くまで動き、より大きく傾くことがワルツの競技としての要素となります。

しかし、ライズとフォールはなんとか正しく理解できても、スウェイについては、間違った方法でほとんどのカップルが踊っており、ポスチャー、ポイズが台無しになり、オンバランスに踊れなくなっています。

あくまでも、体幹は真っ直ぐな電柱のように、その正中線を垂直に保つ意識が重要です。

スウェイにより体幹、頭部、ネックが傾くと、重心が足の着地点からはずれ、動くことが困難になります。

また、それは、ポスチャー、ポイズが乱れるということになりますので、重要な採点基準のホールドが崩れてしまいます。

現在のダンスはイギリス、イタリアを問わず、このマーカスの動きが基本になって、そこから派生していますので、基本中の基本を学んでください。

<当サイトの記事について>
このサイトの記事はダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方に向けて書かれたものではありません。