2011年6月17日金曜日

競技ダンス実践テクニック「マーカスヒルトンのベーシック(タンゴ)Hilton basic Slow tango」



マーカス・ヒルトンのタンゴのベーシック・ルーティンです。

みごとなウォーク&リンクをイメージで捉えてください。

また、タンゴの場合は女性を支える男性の右手のホールドテンションが重要になります。

男性が右手を緩めすぎると、ターンや急なストップ&ムービングに対応できずブレが生じて一体感のないみぐるしい踊りとなり採点に結びつきません。

右手のホールドでしっかりと女性を支え、女性を離してはいけません。

密着感のないタンゴはタンゴとして成立しません。

また、上半身の張りと強さのテンションを保ったまま、膝を曲げ、重心を下げ、歩幅を広げ、気合とともに「攻撃的」な雰囲気を出します。

また、その「攻撃的」な雰囲気を出すには、目線も重要です。

いわば、周囲をにらみつけるようなはっきりとした目線の方向性を出して踊ります。

どこを向いているのかわからない、茫洋とした顔と目線ではタンゴの雰囲気が出ません。

タンゴの表現はムーブメントだけではなく、顔の位置、方向、表情、目線についてもスイングダンス(ワルツ、フォクストロット、クイックステップ、ビニーズワルツ)との違いを研究することも重要な要素です。

それにはトッププロの踊り、動作、表情を参考にするのがもっとも正しい方法です。

そして、正しいものを繰り返し見ることが重要です。

無駄な間違えた練習よりトッププロの踊りを繰り返しみることによるイメージトレーニングの方が効果があります。

<当サイトの記事について>
このサイトの記事はダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方に向けて書かれたものではありません。