2011年6月17日金曜日

競技ダンス実践テクニック「マーカスヒルトンのベーシック(クイックステップ)Hilton basic quickstep」



マーカス・ヒルトンのクイック・ステップです。

クイック・ステップは明るく華やかなマーカスのダンスを一番表している種目です。

クイック・ステップはステップが早いので、考えていると音楽に追いつけませんので、考えなくても身体が勝手にステップを踏めるようになるまで練習しなくてはなりません。

また、テンポが早いためにステップが流れがちですが、マーカスの踊りをみればわかるとおり、性格にリズムにジャストミートするようにしなければなりません。

また、クイック・ステップはそのダンスの特徴でもある、ロックとシャッセが多用されるために、飛んでしまって、ヘッドがガタガタと上下動をしやすいわけですが、その上下起動を足首と膝で吸収するような踊り方を研究することが重要です。

上下動があると、必然的に男女のホールドにもガタつきがでて、一体感がなくなってしまいますので、競技ダンスということおいては非常に採点にマイナスになります。

マーカスのなめらかな動きをイメージに捉えて、ルーティンを勝手に身体が踊るようになるまで練習してください。

<当サイトの記事について>
このサイトの記事はダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方に向けて書かれたものではありません。