2011年6月17日金曜日

競技ダンス実践テクニック「マーカスヒルトンのベーシック(スロー・フォクストロット)Hilton basic Slow foxtrot」



マーカス・ヒルトンのフォクストロットのベーッシク・ルーティンです。

フォクストロットのイギリス流の音のとり方に注意して、日本、とくにJDSFアマチュア流のダンスとの違いを感じてください。

イントロ部分のフェザー・ステップに極端なCBMやCBMP、スウェイがないことも確認してください。
また、フォクストロットとワルツとの違いを感じてください。

ほとんどの下位級のカップルがワルツのようなムーブメントで踊っていますが、それはフォクストロットの踊り方ではありません。ワルツのライズ&フォールはフォクストロットにはありません。

フォクストロットは主にライズ&ロアーのみでそのスイング動作を行います。

ですから、ワルツのような振り子のような上下動の大きなスイングではなく、緩やかな大きな波のようなスイングで踊ることがフォクストロットの動きを作り出しまします。

そして、基本的なムーブメントは、カウントの1,2,でダウンし、3,4,でアップするということです。

そして、4でトウをポイントし1でロアーするということが理解できると、フォクストロットの独特のスイングが理解できます。

しかし、これは感性でつかむしかありませんので、マーカスや世界的なトッププロのムーブメントを参考に研究して自分なり理解してください。

<当サイトの記事について>
このサイトの記事はダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方に向けて書かれたものではありません。