2011年6月12日日曜日

競技ダンス実践テクニック「CBMとCBMPの違い」

スタンダード種目のダンステクニックを理解する上で、CBMとCBMPを混同している人が多数見受けられます。

CBMはたとえばワルツのナチュラルターンの第1歩目の右足を踏み出すときに反対側の左側サイドが回転動作を起こすことです。

また、タンゴの2ウォークの第1歩目の左足を踏み出すときに、反対側の右サイドが回転運動を起こすことです。

つまり「前進(後退)する足の反対側の肩と胸が前(後ろ)に出る回転動作」です。

CBMPは「片方の足が他方の足の延長線上、あるいはボディをアクロス(横切って)してステップする足の位置」のことです。

ですから、たとえば、ワルツなどのコントラチェックのボディの回転がCBMで、足の位置がCBMPということになります。

つまり、CBMはボディの回転動作であり、CBMPはステップした足の位置であるわけです。

ですから、CBMをともなわないCBMPもあるということになります。

たとえばCBM(ボディの回転動作)をともなわないフォクストロットのフェザーフィニッシュの第2クイックの右足(女性は後退左足)の位置もCBNPであるわけです。

また、プロムナードポジションからの第2歩目の右足(女性は左足)のステップした位置もCBM(ボディの回転動作)はともないませんがCBMPであるわけです。

このことをよく理解しないために、コーチにテクニックを説明されても全く理解できない人が多数おられます。

そして両方とも大変重要なテクニックでもあります。

この、2つのテクニックを理解できないと、ダンス上達は先に進みません。

CBMとCBMPを混同していることから、コーチの言うことが何がなんだかわからず、そのまま聞き流して、あるいは勘違いして覚え、上達が遅れてしまうわけです。

ダンス用語にこだわる必要はありませんが、最低限必要な用語は覚えないと、ダンステクニックの正確な理解はできませんので、この、サイトのダンス用語解説にのっている用語ぐらいは、よく読んで理解してください。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトの記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。