2011年6月12日日曜日

競技ダンス実践テクニック「練習としての競技会」

競技ダンスを練習する上で、細かい技術の習得とは別に、競技会における踊り方の練習をする必要があります。

競技会における踊りは、パーティーダンスのように狭い場所に大勢が押し合いへし合い踊るのと違って、たいていは体育館などの20メートル四方くらいの広い場所に12組前後の同じランキングの同様の技術レベルのカップルがいっせいにLODに向かって全力の歩幅とスピードで踊りだしますので、それに慣れることが必要になります。

これを競技ダンスの練習の一部と捉えた場合には、その競技会のフロアでの踊り方を技術として学ばなければならないわけです。

それが、フロアクラフト(フロア上で他のカップルとの接触を避けたり、LOD方向へスムーズに踊り進めるための技術)の習得ということでもあります。

しかし、これは、自分のサークルや練習会などで体育館を借りて、同様の広さのフロアで、同様の音楽をかけて、同じランキングの者を集めてシミュレーションをすることは現実的には不可能ですので、実際に競技会に出場してその練習をするしか方法がないわけです。

ですから、その競技会の実践としての練習のためには、できるだけ多くの競技会に出場して、その場面場面でのトラブルや音楽情報を脳に記憶していくことが重要になります。

競技会で一番困ることは、緊張してあがってしまい、正常な精神状態を保てず、音も取れなくなり、やるべきこともすっかり忘れて、判断力が欠如して、方向もわからなくなり、他のカップルとあちこちでぶつかり、いいかげんな状態のまま1曲が終わってしまうということです。

この逆に、競技会に多く出場して慣れてくると、あがることがなくなるため、正常な落ち着いた精神状態で、やるべきことをやり、正確な判断をして、フロアクラフトをうまくこなして踊れるということになります。

ですから、昇級を目指して競技会に出場することはもちろんですが、それ以外に、「競技会の踊り方の実践」としての競技会への出場ということも練習の一環として取り入れなくてはなりません。

一回の競技会で、出場できる競技区分は出られるだけ出るということにすれば、より多くの練習になるわけです。

たとえば2級のものは2級1級の両方のランキングに出場するということです。

さらに体力があるカップルの場合は、2級、1級、D級の3つのランキングに出場するということです。

それが全部、1次予選敗退でも、勝つことが目的ではありませんから、何も問題はないわけです。

それに出場すること自体が練習であり、その練習が「目的」であるからです。

2級でそれより上級の区分に出場して、さらに一次予選敗退では、サークルや地域の知り合いに見られたら恥ずかしいと思うのであれば、少し離れた地域の競技会に申し込めば、誰も知り合いはおりませんから、気楽に出場できます。

練習をいくら長期間にわたって長時間毎日努力をしても、競技会に出なければ競技会の状況が実感としてわかりませんから、競技会でうまく踊りこなすことはできませんので、結果として昇級にはつながらず、特にわれわれ中高年ダンサーの場合は、気が付いたときには加齢による年齢の問題で体力的に昇級は望めなくなるということになります。

ですから、フィガー、ルーティンがうまくこなせない段階でもその状態のまま競技会に出場して、フィガー、ルーティンと競技会出場によるフロアクラフトの両方を並行して技術として練習することを計画的に行うことが昇級への近道となります。

とにかく、競技会に多く出場することが、競技ダンスの練習として、その上達の重要な要素となりますので、時間と体力の許す限り、日々の練習と同様に「競技会」に出場してください。

<当サイトの記事について>
当サイトの記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。