2011年6月12日日曜日

社交ダンス用語解説<サ行>

<サ行>

★サイド・リーディング side leading,
ステップする脚(ムービングフット)と同じサイドのボディを先行させて動くこと。
CBMの後続で行われることが多い
以前はショルダー・リーディングと表現されていたが、語感から肩を先行させてしまうことから、最近はサイド・リーディングが一般的である。

★サポーティング・フット
体重を支えている足。
もう一方の足(踏み出す足)は、ムービング・フット、リーディング・フットという。

★シー・ビー・エム(CBM)
コントラリー・ボディ・ムーブメントの略。
前方、または後方へステップした足の反対側のボディが先行して動くこと。
回転やカーブを起こす際に行う。
ステップする足の反対側のボディを前(もしくは後ろ)に動かす事。
回転の準備に用いられる。

★シー・ビー・エム・ピー(CBMP)
コントラリー・ボディ・ムーブメント・ポジションの略。
軸足の線上か、ボディを少しアクロス(横切って)前方、または後方に置かれた足の位置のこと。
ステップする足を反対側の足の延長線上に置く事。
CBMがボディの回転動作であることに対し、CBMPはステップした足の位置のこと。


★シー・ピー・ピー(CPP)
カウンター・プロムナード・ポジションの略。
男性の左側と女性の右側が接し、両者のその反対側がVの字に開くポジションの形。

★シャッセ
「開く、閉じる、開く」の3歩で構成された基本フィガー。
「1/2拍、1/2拍、1拍」で踊られる。

★シャドウ
実際には組まずに、相手がいることを想定して一人でフィガーやアマルガメーションを踊ること。

★シャドウ・ポジション
女性が男性の斜め前か後ろに立ち、同じ方向を向いた状態。

★シェイプ Shape
体の各部分が垂直方向から角度をつけること。

★シンコペーション
リズムの分割。
ワルツの「1,2,3」をシャッセ・フロムPPなどで「1,2&3」と1拍を2分割すること。

★スウィング
時計の振り子のように孤を描きながら前後左右に揺れ動くこと。
タンゴ以外の全てのスタンダードダンスの基礎となる動き。

★スウェイ Sway
上体を垂直方向からそらせた身体の傾斜のこと。
回転やカーブで内側に身体を傾斜させてバランスを保つ働きがある。
また、ピクチャー・ポーズ(ライン・フィガー)でシルエットを美しく見せる効果もある。

★スタッカート
音を強く、はっきりと切って演奏すること。
ダンスでは一音一音を強く区切って踊ること、その動き。
タンゴの動きを表現する時などに使われる。

★スピン
二歩以上の回転で、ピボットにつづけて体重を支え足のボ-ルで、さらに回転を継続すること。

★スロー(S)
タイミングを表す言葉。
対義語:クイック(Q)
4/4拍子の音楽(フォックストロット、ジャイブ等)では、2拍(2ビート)を「S」と表示。
2/4拍子の音楽(タンゴ、サンバ等)は1拍(1ビート)を「S」と表示している。

★セイムフット
男女が同じ右足、または左足を同時にステップする動作。

<当サイトの記事について>
このサイトの記事はダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方に向けて書かれたものではありません。