2011年6月12日日曜日

競技ダンス実践テクニック「ストレッチの重要性」

ボールルームダンスのフィガーを表現する上で重要なことに、「関節の可動域」があります。

この「可動域」とは、関節の屈曲の範囲の大小のことです。

つまり、身体の曲がる範囲のことです。

たとえば、前屈でどこまで曲げることができるか、あるいは後ろにどこまで反ることができるか、肩はどこまで上がるか、腰の回転はどこまでできるかというような、身体の柔軟性のことでもあります。

この可動域が小さいと、たとえばワルツの「スウェイ」を表現しようと思っても、その形を作ることさえ困難になりますし、女性は胸の関節が硬いために、コントラチェックやスローアウェイオーバースウェイなどのピクチャーポーズもその形にならないことになります。

また、それ以前に、身体が硬く、柔軟性がなく、「可動域」が極めて小さいと、身体が捻じ曲がって、中高年の多くは猫背が常態化して、それを矯正するだけで、エネルギーや意識のほとんどをそのために浪費して、練習が非常にはかどらないということになります。

また、ビデオなどで自分の姿勢の状態をチェックしていないために、老人丸出しの猫背で、「踊りにくい」「あんたが悪い」などでおおもめにもめながら、意味のない練習をなされて、残り少ない人生を無駄にしておられるカップルも多々おられます。

姿勢が捻じ曲がって、さらに猫背でホールドがかぶっていれば、どんなに音があっていて、熟練度があっても、審査員は点数の入れようがありませんので、さっぱり競技会で結果が出ないということになります。

中高年ダンサーは自分をジュニアや学連や若い実業団のダンサーと勘違いしてはいけません。

彼らとはちがい我々中高年ダンサーの軟骨は磨り減って、さらに片側に傾いて、何もしないで平時の状態で踊れば、とんでもない猫背でさらにほとんどの男性が右に傾いておられます。

軟骨の不均衡と生活習慣で身体の捻れと身体の不均衡、猫背が常態化して、筋肉、腱がそのように変形してしまっているわけです。

この解決策がストレッチです。

全身の間接、腱、筋肉を伸ばして、「可動域」を拡げると、身体の捻れ、歪みが緩和され、姿勢が「意思としている」方向へ向かいます。

そのストレッチは最近では静的ストレッチが効果的であるとされているので、はずみをつけずにその静的ストレッチの発祥の元のヨーガのポーズのようにゆっくりと時間をかけて、足腰から、首、指の先まで、間接、腱、筋肉を伸ばすことが必要です。

ダンスの技術的な練習時間と、同じ程度の、ストレッチとしての時間を取る事が理想的です。

1時間ダンスの練習をするのであれば、その前後に1時間のストレッチをするということです。

そのぐらい、ボールームダンスにはストレッチが重要であるわけです。

また、ストレッチは身体に重要な毛細血管を育てるという働きもあります。

身体の細胞の修復、成育は血流により運ばれた栄養によっておこなわれるわけですが、毛細血管が育つと血流が身体のすみずみまで行き渡り、身体の筋肉組織の細胞も含めた総ての臓器の修復能力を向上し、結果として運動能力も向上し、ダンスの技能向上という結果に結びつきます。

ストレッチについては書籍、あるいはDVDなどがいろいろありますので、参考にして、正しい方法を学んで練習してください。

カバさんやブタさんがさらに捻じ曲がって猫背では何を練習しても意味がありませんので、ダンスファイナル会員はスリムで姿勢の正しい中高年ダンサーをめざしましょう。

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません