2011年6月12日日曜日

競技ダンス実践テクニック「シェイプとムーブメント」

ムーブメントというのは、顔の位置や方向も含めたシェイプつまり「形」から「形」への移動であるということです。

たとえば、ワルツのナチュラルターンは最初のスクウェアに構えた「形」から、スウェイしたナチュラルターンのフィニッシュの状態の「形」にボディが移動し、さらに次のフィガーのシェイプに移動して行くということです。

ですから、その移動の初めと終わりの自分のシェイプ・形が正しいものかどうかビデオなどで自分でチェックすることが重要になります。

自分のフィガーのポイントになるシェイプをひとつひとつ確認して、その状態でしっかりと止まって立てるようにしなければなりません。

たとえクイックステップであっても、常に移動の最初の顔の位置およびシェイプと終わりの顔の位置およびシェイプを正しいかどうか確認して、それを練習によって習慣にする必要があります。

中高年ダンサーでは適当な形と適当な動きで漫然と練習を繰り返して、何をしているかさっぱりわからないカップルを多々見かけますが、自分が何をしているのか、そのシェイプ、形、フォルムをトッププロの踊りを参考にしてしっかりと自分で認識して、正しいイメージを捕らえないと、間違った方向へどんどん癖がついて、修正するのが困難になってしまいます。

競技ダンスの審査では何をしているのかわからないと、どんなに正しいリズムで正しいフットワークで大きくスムーズな動きでも審査員は点を入れようがありません。

ですから、自分のフィガーがそのフィガーらしく見えるのかどうかを最低条件として、そのムーブメントのポイントとなる立ち位置でのシェイプを確認しなければならないわけです。

その確認法はトッププロのコーチにレッスンを受けるのか最良ですが、下位級の中高年ダンサーではそれも難しいでしょうから、トッププロのベーシックデモのビデオなどを繰り返し見て参考にしてください。

<当サイトの記事について>
当サイトの記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。