2011年6月12日日曜日

競技ダンス実践テクニック「シェイプアップの必要性」

競技ダンスのもっとも重要なポイントは、「音」「形」「ストライド」であるわけですが、その中でもスタンダード種目の場合に審査員の一番目につくのがストライドです。

審査員は、競技が始まって、選手が踊りだし、動き出すと、まず、「よく動いている選手」に目が行きます。

どんなに音がとれていても、形、ポイズが美しくても、ストライドが小さく動かないカップルには目が行かないどころか、気がつかない場合もあります。

これは、自分が審査員の目になって、競技会を見てみればよくわかります。

この、「動き」というのは、つまり、足幅、ストライドによってもたらされるわけですが、これは、脚力と体重との相関関係によってその大きさが決まります。

たとえば、10㎏体重が増えた場合には、米の10㎏の一袋を持ってみれば、その重さがどのくらい脚力に負担をかけることになるかがわかります。

それを実際に持ってダンスのステップを踏んでみれば、とても動くことなんかできないのは、すぐわかることです。

つまり、体重のコントロールは競技の成績と密接に関係があるわけですので、そのことを確実に理解する必要があります。

また、体重は競技ダンスの審査ポイントである、「美しさ」とも密接な関係があります。

競技ダンスはテクニックも含めてその踊りの「美」を競う競技でもあります。

その体形、容姿も当然、審査、採点に、大きな影響を与えることとなります。

ですから、その技術を除けば、当然、身長が高く、若い、スタイルのいいカップルにより点数が入ることになります。

それで、身長、手足の長さと年齢はいかんともしがたいわけですが、体重は自分でコントロールできることですので、可能な範囲内で体脂肪率をコントロールし、体型をシェイプアップしなければなりません。

とくに女性はスタンダード種目においてもドレスの形状によっては背中等を多く露出し、ボディラインがもろに出るわけですので、その体型の美しさが競技ダンスの採点ポイントの「形」でもあるわけですので、日々、ダイエットも含めた、身体のシェイプアップに心がけることが、成績アップ、昇級につながります。

審査員もブタやカバが踊りだしても、審査をする気にはなりませんので、せめて、ダンサーとして審査対象になる体型になることが、無駄な練習よりも競技には効果があります。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトの記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。