2011年6月12日日曜日

競技ダンス実践テクニック「意識レベル」

下位級の中高年ダンサーの話を聞いていると、「日本選手権や世界選手権のダンスは雲の上の出来事で、自分たちとは別物であるから、それを見ることもないし、それを学ぶことも無い」という意見をかなりの頻度で聞くわけですが、まず、この考え方を改めなければなりません。

たとえ、ベーシックとバリエーションの違いはあっても、世界選手権のチャンピオンダンサー達の踊りと自分たちの踊りは同一線上にあるということを認識して、その目指す方向性は同じであるということを前提にその踊りを見て、そのイメージを捉えることが、そのカップルの上達の優劣を決定するひとつの要因となります。

上位級にどんどん昇級するものと下位級で甘んじるものとの違いは、ダンスの技術のレベルではなく、「意識レベル」あるいは「ハードルに対する意識」の問題が大きな原因である場合が多々あります。

つまり、たいていの中高年ダンサーが教わっているコーチは、プロでも2流3流、あるいはひどい場合はアマチュアの果たしてダンスといえるかどうかも怪しいコーチから学んでいることが多いわけですので、その教わる技術も音楽的感性も音楽的表現もその低いレベルのコーチ以上になることは不可能であるわけです。

まあ、できれば、チャンピオンクラスのトッププロにコーチを受けることができれば、当然、そのチャンピオンの高い意識レベルに近づくわけですので、それが理想的ですが、いろいろな状況でそれができない場合は自分で踊りのレベルのハードルを上げなければならないわけです。

それには、現役の世界のファイナリストの踊りを、ビデオや実際の競技会で見て、そのイメージをつかみ、それを自分の脳内で咀嚼し、自分の中で再構築して自分のダンスを作り上げることが必要です。

自分で見て、自分でその踊り、技術をイメージで捉え、その方向性に自分の踊りを修正していくことが、より高い意識レベルを育て、技術、音楽性をさらに高めることになります。

たとえ、ベーシックでも、マーカス・ヒルトンを始めとして、歴代チャンピオンがそれぞれビデオを出しているわけですので、その踊りを何度も見て、その正確な技術、音楽的感性、音楽的表現のイメージを脳にインプットして、意識レベルを上げ、自分の踊りに反映させることが昇級のひとつの鍵となります。

ただ、勘違いしてはいけないのは、そのチャンピオンの踊りを実際の競技会やビデオでいつも見ているからといって、あなたの踊りはそのチャンピオンと同レベルのものではないということを認識なければなりません。

人間の脳の前頭葉には「ミラーニューロン」という組織があって、見たものを経験したものとして記憶する機能がありますので、そのチャンピオンの踊りをいつも見ているとあたかも自分がそのレベルであると錯覚してしまうわけですが、自分達の踊りはそれとは似ても似つかぬほどひどいものであるということをビデオなどで自分の踊りを見て確認しなければなりません。

しかし、この自分を「錯覚」する「ミラーニューロン」こそが「イメージトレーニング」の基(もとい)となる重要な神経機能であるわけです。

それを見ることによって、それを体験したのと同様の脳の活性を作り出し、記憶しますので、たとえばそのフィガーをやろうとしたときは、そのチャンピオンダンサーの動きを再現しようとするのです。

しかし、その方向性に向かって行おうとするのであって、必ずしもそれができるということではありません。

それこそ、別物のレベルであるので、逆に言えば、自分達の踊りをビデオで撮り、常にチェックして、自分の思っている自分達の踊りと、実際の自分達の踊りにどのくらい差があり、自分達の踊りがどのくらい「ひどいもの」であるかよく認識する必要があります。

それを理解できないと、自分は世界のトップダンサーのようにうまいと錯覚して、いざ競技会に出てみると何度出ても1回戦敗退で、とんでもない成績でショックを受けて、止めてしまったりするカップルもおられます。

世界のトップダンサーの踊りを見るということは、あくまでも、世界のトップレベルのダンスの方向に意識を引き上げるのであって、それができるということではまったくありません。

しかし、その意識が育たないと、その方向性に向かうこともなく、あいかわらず低いレベルのコーチのどーでもいい技術指導でナンセンスな時間がかかってしまい、年齢の問題でそれ以上の昇級は望めないということになったりするわけです。

ですから、自分達の目指す踊りがどこにあるのかを確実に見定めて、その方向に向うには何をすべきかを考えて、効率的な練習スケジュールを組んで、日々地道なトレーニングをすることが昇級の近道となります。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。