2011年6月12日日曜日

競技ダンス実践テクニック「顔の向き」

競技ダンスのスタンダード種目において重要な条件で、「目線が下を向いてはいけない」ということがあります。

基本的に目線は自分の身長の頭部の上の辺りに置くと、顔が上を向き、顔にスポットライトが当たったような効果をともない、印象が明るくなります。

この逆に目線が自分の身長の顔の位置より下を向いた場合には、暗い印象を与えます。

これは動きにも顕著に現れて、頭部の上あたりに視線がある場合には、胸が開きエネルギーが出て、ムーブメントが格段に大きくなります。

逆に目線を落として踊ると、とたんに動きが小さくなって、精彩を欠いた情けない動きになります。

とくに、ステップを考えて足に意識が行くと、どうしても下を向きますので、フィガー、ステップ、アマルガメーションは、考えなくてもできるまで繰り返し練習する必要があります。

また、もうひとつ重要なことは「顔の向き」です。

とくに男性の場合は正面を向くことがないということをよく理解する必要があります。

真っ直ぐに立ち、斜め左上を向いたまま、それを動かさずに踊ることを意識して練習して、それを癖にすることが重要です。

男性の場合、スタンダード種目では、一部のピクチャーポーズ以外のフィガーでは左上以外の向きはありません。

あらゆる場面で左上を向いていれば、問題がないのでありますが、それを守っている人はまれにしか見ることができません。

顔を左上以外の方向に向けた場合は、ホールドが緩んで、女性にそのテンションが伝わらなくなり、女性がフォローできなくなります。

いわゆる「リードがない」状態になります。

もちろん、女性もPPあるいは一部のピクチャーポーズ以外は男性と同様に顔も目線も左上をしっかりと向いていなければなりません。

また、皆さんどなたもがおっしゃる「相手が悪いから踊れない」と思ったとたんに、相手に意識が行き、顔が相手か、相手が見える正面辺りに向き、そのためホールドが緩みリードがなくなります。

中高年ダンサーがよくおっしゃる、この「相手が悪い」というのは、老化現象の最たるものでありますので、踊りにくい、踊れない、相手が動かない、と思う場合は、「相手が悪い」と考える前に「自分のどこかがおかしい」と考えることが上達の早道です。

もうひとつの中高年ダンサーの不思議な言動は、下手な人ほど「自分ほどダンスが上手な者はいない」と言い、上手な人ほど「自分ほどダンスが下手な者はいない」と言うことです。

これは男女にかかわらず共通のことですので、ダンスが上手になりたければ、「自分ほど下手な者はいない」と思うことがダンス上達には大変効果のあるテクニックでもあります。

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ

<当サイトの記事について>
当サイトの記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。