2011年6月12日日曜日

競技ダンス実践テクニック「競技ダンスのルーティンの組み方」

競技会で踊る上でもっとも重要なことのひとつは、ルーティンの組み方です。

つまり、「振り付け」です。

競技ダンスはスポーツであることはもちろんですが、その一方、芸術であり、舞踊でもあるわけです。

舞踊でもある競技ダンスはこの振り付けにより、その印象はまったく違ったものになりますので、自分にあった、より、効果のあるフィガーを組み合わせて、ルーティンを組むことが、審査員の目を奪い、採点にむすびつくことになります。

たとえば、身長の低いカップルがスイングを中心とした、回転の少ない、ベーッシクに近いルーティンを組んだ場合には、どのように踊っても、ストライドもスイングも大きい身長の高いカップルより目立つのは容易ではありません。

身長の低いカップルが限界まで歩幅を広げても、身長がたとえば20センチ大きいカップルが楽に動いたときより動きが見えません。

ですから、小さいものはたとえベーッシクであっても、より華やかで回転の多い、見栄えのする振り付け、ルーティンを工夫しなければ、競技会で良い成績にはつながりません。

逆に身長の大きなカップルは、その身長やホールドの大きさを利用して、ストライド、スイングを見せるようなフィガーを組み合わせて、精度をあげるような練習をすることで十分ですので、無理なフィガーを組まずに、技術や美を追求することが効果があります。

逆に身長の低いカップルがストライドを中心としたムーブメントを追求しても、とくに中高年ダンサーの場合は年齢による筋力、体力の問題により限界がありますから、回転、スピンを中心としたフィガーを多様して組み合わせ、スピード感を演出するわけです。

また、しかし、回転、スピンを中心としたフィガーは、技術が難しく、その練習に時間がかかるのが問題になります。

その、解決策として、ルーティンの量を減らさないと、そのことだけに時間をとられて、他のフィガーの練習がおざなりになって、ルーティン全体のレベルが下がってしまいます。

これを解決するには、長いAルーティンと短いBルーティンの2つのルーティンを組んで、A,B,A,B,と繰り返してフロアを一周と考えます。

つまり、ルーティンを半周しか組まないわけです。

まあ、競技会で踊る時間は、1分20秒前後ですが、その全部の時間に合わせて、A,B,C,D,E,Fと一周半もルーティンを組む必要はありません。

審査員はあなた達1カップルだけを見ているわけではなく、12カップルを平等に見なければなりませんので、1カップルを見る時間は長くて3秒から4秒ですので、ルーティンを1周組む必要はありません。

半周で十分ですので、自分たちの一番得意なフィガーを組み合わせて、見栄えのするルーティンを組むようにします。

これはまた、練習量の増加という効果もあります。

たとえば1周半ルーティンを組んだ場合は2分40秒程度の曲では各フィガーを2回しか練習できないわけですが、半周だけのルーティンであれば、各フィガーを3倍の6回も練習できるわけですので、それだけ熟練度が上がり、技術の精度は上がるわけです。

この練習量による、熟練度、技術の精度、つまり、「踊りのうまさ」は当然、採点に非常に大きな影響を与えます。

同じ練習量であれば、そのフィガーを多く繰り返したものが、「うまく」なるのは当たり前ですので、その点からもフィガーを減らして、また、得意なフィガーを組み合わせて、ルーティンは半周であることが望ましいわけです。

<当サイトの記事について>
当サイトの記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。