2011年6月12日日曜日

社交ダンス用語解説<カ行>

<カ行>

★カウンター・プロムナード・ポジション
スタンダード種目では、男性の体の左側と女性の体の右側がコンタクトし反対側を離して開いたポジション。
プロムナード・ポジションの反対の形。
CPPの略号が使われる。

★カウント [編集]
音楽のリズム、テンポに合わせて拍子を取ること
音楽のリズムに合わせて、「1、2、3」「S、Q、Q」等、拍子を取ること。

★クイック(Q)
タイミングを表す言葉。
4/4拍子の音楽(フォックストロット、ジャイブ等)では、1拍(1ビート)を「Q」。
2/4拍子の音楽(タンゴ、サンバ等)は1/2拍(1/2ビート)を「Q」と表示している。
対義語:スロー(S)

★クローズドフィニッシュ [編集]
タンゴで使われる。フィガーの終わりで両足を閉じて終わること。

★クローズドポジション
スタンダードの基本となる男女の形。
男女が向かい合ってホールドし、お互いの右ボディを接した状態。
ラテンでは、少し離れて男女が向かい合ったポジションのこと。

★コンタクト
男女が向かい合い、ホールドしたときの接点。
スタンダードでは、ボディ、アーム、グリップ等、5ヵ所の接点がある。
また、ラテンでは、ボディ、アームのコンタクトの他に、アイコンタクトもある。

★コントラリー・ボディー・ムーブメント Contrary Body Movement(CBM)
ステップする足の反対側のボディを前(もしくは後ろ)に動かす事。
回転の準備に用いられる。
前進または後退の時、ステップする足と反対側の上体を前方または後方へ回転させる動作。
たとえば、ワルツの1,2,3の1で身体を右回転させるときの起きる状態の足と腰の動作。
前方、または後方へステップした足の反対側のボディが先行して動くこと。
回転やカーブを起こす際に行う。

★コントラリー・ボディー・ムーブメント・ポジション Contrary Body Movement Position(CBMP)
ムービングフットがサポーティングフット方向に対して前方または後方へ横切って出された足(フット)の位置。
ボディーラインを保つため、支え足(スタンディング レッグ)の線上又はアクロスして(前方又は後方に)置かれた足の位置。
軸足の線上か、少し横切って前方、または後方に置かれた足の位置のこと。
上体は回転しない。
ステップする足を反対側の足の延長線上に置く事。
CBMと違い、体の回転動作を伴わない場合もある。

<当サイトの記事について>
このサイトの記事はダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方に向けて書かれたものではありません。