2011年6月12日日曜日

競技ダンス実践テクニック「ポスチャーとポイズ」

スタンダードダンスのテクニックでもっとも基本となるものが、ポスチャーとポイズです。

ところがこれがほとんどのダンサーに理解されていません。

つまり、ほとんどのダンサーがもっとも基本となることを理解せずに、ムービングフットがどうの、サポーティングフットがどうの、スイングがどうのと、いわば2次的なことにその練習労力の大半をかけているわけです。

ポスチャーとポイズのちがいと、その作り方を理解しないと、バランスも保てませんし、もちろん大きく動くこともできません。

「ポスチャー ・Posture」というのは、「体の各部分(頭、ボディ、ヒップ等)の中心を垂直方向にオン・バランスに配列することにより構成される姿勢」です。

つまり、ヘッドウエイトが背骨のクビの付け根に乗り、それが、腰に乗り、それが、足の接地点まで正中線に沿って垂直方向に正しく配列されて、一直線であることです。

実践的にはアッパースパイン(背骨の胸椎の首の付け根の骨)が、体重の乗っている軸足の土踏まず、あるいは足と床の接地点と垂直方向にオンバランスに位置するということです。

この部分の意識がダンスのバランスを保つ上で非常に重要な役割となります。

アッパースパインが、足の土踏まず、あるいは足と床の接地点に乗っていないとバランスが崩れ、いわゆるアウトバランスで、そのため不安定で動くことができなくなります。

逆に、このアッパースパインが、足の土踏まず、あるいは足と床に設置点に乗っていれば、オンバランスであり、ポスチャーが正しく保たれているということになります。

この、ポスチャーが正しく保たれている、オンバランスであるということが、技術以前にダンスを踊る上でもっとも基本となる「条件」ということになるのです。

ですから、アッパースパインがオンバランスに乗っていないという場合は、ダンスとして成立しないことになります。

頭部から足まで垂直にバランスが保たれているということが、姿勢、形も一番美しく、またダンスのムーブメントにおいても一番動きやすい状態であるということです。

ですから、このポスチャーが正しく保たれているかどうかということを第一に考えて日々の練習をすることが最重要であるということを認識しなければなりません。

「ポイズ・Poise」というのは、本来はバランスということですが、ボールルームダンスにおいては「身体の傾きを現し、両足におけるボディウエィトの位置やボディの傾きによるシルエット、立ち姿のことであり、舞踏中においては、男女の姿勢、ホールドが定められた正しい外観を保つためのバランス」です。

つまり、男女の立ち位置と、男女ともにヘッドウエイトを左後方螺旋にストレッチしたカウンターバランスの傾き具合がバランスを保ち、美しく、動きやすいかどうかということです。

しかし、これは、体型やカップルの身長差によるカップルバランスにもよりますので、ひとりひとり違うということになりますので、実践的には、自分たちと同様のトッププロのポイズを見てそれを学ぶということになります。

どのようなポイズが一番綺麗にみえるのか、一番動きやすいのかということを、トッププロのポイズを見てイメージとして焼付け、自分たちの踊りをビデオで見て、それとの差を確認して、理想的なポイズに近づけていくという作業を日々行わなければなりません。

競技ダンスにおいて、審査員の採点ということに関しても、もちろんポスチャーとポイズを中心に判断しているのは当然ですので、そのことも意識において日々練習してください。

<当サイトの記事について>
当サイトのダンステクニック等に関する記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。