2011年6月17日金曜日

競技ダンス実践テクニック「ミルコ・ゴッソーリのベーシック(タンゴ)Mirko Gozzoli Basic Tango 」



ミルコ・ゴッゾーリとアレッシア・ベティのタンゴのベーシックです。

ゴッゾーリの真っ直ぐで堂々としたネックラインとアレッシアの首の角度や顔の向きなどのスイングダンスとの違いを学んでください。

また、男女ともネックアクション以外はホールドがいっさい動きません。

タンゴにかかわらず最近の競技ダンスでは、ネックが返るだけで、ホールドはクローズドの状態のままであることが重要です。

それはその方がより綺麗に見えるからです。

これは、からだのしぼりを常にともない非常に苦しく踊りにくいわけですが、競技ダンスはパーティダンスやサークルダンスとは違い、「踊りやすい」必要はありません。

どんなに苦しく踊りにくいホールド、動きでも、それが「美しく」見えることを最優先します。

それは審査員が外側からみて、もっとも「美しく」見えるカップルにチェック入れるからです。

どんなに踊りやすくてもホールドがくずれてきたない動きならだれもチェックはいれません。

下位級のカップルのもめごとを聞いているとほとんどがこの、「踊りにくい」「踊りやすい」ということで大喧嘩になっていますが、その踊りにくい」「踊りやすい」ということは競技ダンスではなんの意味もありませんので、まったく無駄な時間と労力であるわけです。

<当サイトの記事について>
当サイトの記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。