2011年6月17日金曜日

競技ダンス実践テクニック「ミルコ・ゴッソーリのベーシック(クイックステップ)Mirko Gozzoli Basic Quickstep 」



ミルコ・ゴッゾーリのクイックステップのベーシック・ルーティンです。

クイックの早いリズムでもステップは正確に踏まれています。

シャッセ、フォワードロック、バックロック、やトウ&ヒールが正確にステップされるように踊らなくてはいけません。

また、クイックステップのように早いテンポで踊る場合も、音を適当に流してはいけません。

しっかりと正確にリズムに合わせて踏むことがダンスを美しく見せます。

リズムとステップが合わず音がずれていると、審査員には気持ち悪く汚く見えるので採点に結びつきません。
また、早いテンポの動きのスウェイやターンでも正中線とホールドがくずれず、男女のぶれがなく常に高い一体感を保っていることを学びましょう。

ポスチャー、ポイズは常に天井から頭部が吊り下げられているように、真っ直ぐであることが重要です。

<当サイトの記事について>
当サイトの記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。