2011年6月17日金曜日

競技ダンス実践テクニック「ミルコ・ゴッソーリのベーシック(スロー・フォクストロット)Mirko Gozzoli Basic Slow foxtrot 」



ミルコ・ゴッゾーリとアレッシア・ベティのフォクストロットです。

クローズド・インピタスターンの正確なステップやウェーブのヒールプル、そのほかのスロー独特の音のとり方、また、アップ、ダウン、スウェイがワルツとは違うということを学びましょう。

フォクストロットとワルツの違いは、ワルツと違い、フォール(膝を深く曲げスイングすること)がないことです。

日本では初心者にワルツから教えますので、どうしてもその動きが基本となり、また高齢の教師は30年前に習われた踊り方そのままに、カウントのスローのときに、フォールするように教えるので、初心者のほとんどが、ワルツかフォクストロットがわからない動作で踊っています。

フォクストロットにはライズ&ロアーはありますが、フォールはないということを認識してゴッゾーリ組のフォクストロットを見てください。

また、フォクストロット独特のジャジーな雰囲気を学んで、それを踊りの上でかもし出すようにしましょう。

<当サイトの記事について>
当サイトの記事は、ダンスファイナル会員向けに書かれており、それ以外の方を対象としたものではありません。